名古屋水道チーム

【 水漏れのケース 】

水道チーム

トイレ水漏れが起きるケース

トイレの水漏れのケースは、大きく分別して便器の内側で水漏れしている場合と便器の外側で水漏れをしている場合の2種類に分かれます。

 

外側の水漏れで止水栓と言われる水栓がありますが便器への水量を調整することができます。
ハンドルを手で回して調整するタイプとマイナスドライバーなどで調整するタイプがあります。
この止水栓本体または接続部分からの水漏れが多く見受けられます。年数が経っていたり井戸水の使用をしている時は、腐食が進んで回した瞬間に給水管が折れて水が吹き出すこともありますので本体からの水漏れのケースでは注意が必要となります。タンク内部の水漏れは、外部に水が漏れずに便器内に流れるため気がつかないことが多いトラブルです。

水道代が徐々に上がっているとのことで調べてみると「タンク内部の水漏れだった!」と、いう事例が数多くあります。
一例では、ボールタップは、タンクに水が貯まると自動的に水が止る仕組みになっている部品。排水弁部と呼ばれるものがタンクに水が過剰に流れた時に上の穴から下に放出してタンクの水が溢れ出てくるのを防ぐ役割があります。
ボールタップが故障するとこの排水弁部から水が放水されることになります。また、排水弁部が壊れると水は流れたままになりタンクに水が貯まらなくなります。



総合受付電話