名古屋水道チーム

【 小便器の詰まりにといて 】

水道チーム

小便器の詰まり

小便器の詰まりで一番多いのは、尿の成分が長期間の滞留や使用によって尿石と化し、小便器のトラップ部分や排水管などで詰まることです。



大型店舗やほとんどの飲食店の小便器は、使用者がいなくても自動で排水が流れる自動洗浄装置が付いています。
これは、詰まりや悪臭の防止の目的で製造されていますが、一般家庭の小便器は手押しのフラッシュバルブを付けていることが多いですから注意が必要となります。

水道節約のためにフラッシュバルブの洗浄量を減らしたり、流さないで頻繁に使用していると確実に尿石化し小便器は詰まりが起きます。小便器の詰まりの除去は軽い症状の場合は、尿石除去剤などの薬品を使用します。
この処置は、応急処置になります。尿石による詰まりは非常にしつこく頑固で、かなり綺麗に取り除かないと再発の恐れがあるからです。高圧ポンプを使用する方法もありますがドレンクリーナーと呼ばれるワイヤーを使用した機械で取ることのほうが多いです。その時、必要に応じてトイレの脱着を行うこともあります。尚、小便器には水を流さない無水便器のタイプもあります。比較的安価で設置できます。
また、水道設備も必要が無いというメリットもありますが、このタイプは非常に詰まりやすい構造となっています。無水便器には、水を流す機能はありませんので定期的にバケツなどで水を流し清掃する必要があります。こちらの便器が詰まる時は、便器自体がかなり汚れている場合も多く便器本体が安価なこともあり排水管の洗浄と便器交換を希望されるお客様も多いです。小便器の詰まりは、早めの修理が大便器の詰まりよりも重要となります。便と違い尿石は簡単に取れることはまずありえません。小便器をお使いの場合は、洗浄を確実に行う必要性が高いと言えます。


総合受付電話