名古屋水道チーム

【 トイレの水漏れが起きる原因と応急修理 】

水道チーム

トイレで水漏れが起きる原因と応急修理について考えてみました。

トイレも水漏れが起きる事が有ります。



この水漏れは、タンクからの水漏れと便器からの水漏れの2つに分ける事が出来るのですが、便器からの水漏れと言うのは排水管からの場合と、便器からの場合の2つが在り、何れも起きる原因が複雑であることからも専門業者に依頼をして対応して貰う必要が在ります。

また、タンクからの水漏れの場合は、起きる原因はいくつかあるので水道修理の方法を覚えておくことでトイレも水漏れが起きたと言う時など、対応が取れるようになります。



トイレの水洗タンクと言うのは、止水栓を通った水はボールタップが開閉する事でタンク内部に流れ込む仕組みになっています。

ボールタップの先には浮き球と呼ばれる部品が付いていて、水位が下がる事で浮き球が下方向に下がり、ボールタップの弁を開けて水を給水する仕組みです。

また、タンク内部にはフロートバルブと呼ばれる、タンクに水を送り込むための弁がついているのですが、この弁は鎖で浮き球に繋がっており、浮き球がフロートバルブを開け閉めしていると言う構造になっているのです。

トイレも水漏れと言った時、タンク内部が水漏れを起きる原因を作り出している場合は、タンクの蓋を開けてから浮き球につながっている鎖を確認する事、そしてフロートバルブが劣化を起こしていないか等を確認し、必要に応じて水道修理を行う事でタンクから便器への水漏れ修理が可能です。

尚、タンクの蓋を開ける場合は、予め止水栓を閉じておくことが大切です。



総合受付電話