名古屋水道チーム

便器が詰まった

原因と対処法

便器の詰まり原因と対処法

水回りのトラブルでいちばん困るのが便器の詰まりではないでしょうか。便器に詰まりが起きてしまうと生活に大きな支障が出てしまうため、早めに対処をしなければいけません。トイレのつまりの原因として多いのが、トイレットペーパー以外のものをトイレに流してしまうことです。特にトイレットペーパーの代わりにティッシュペーパーを使って、そのまま流してしまったり、おむつや生理用品などを流してしまうと、水に溶けることができずに詰まりを起こしてしまいます。



水位が通常よりも高かったり、水を流すと異音がする時、タンクから流れる水が少ない時には、詰まりが起きている可能性が高いのです。
便器修理の方法と対策として、まずはラバーカップを使って詰まりを解消してみましょう。水を流して水位が下がった時に、ラバーカップをトイレ内に押し付けて水を吸い出します。詰まりが浅い時には、何度かラバーカップで吸い出すことで解消することができます。それでも解消されない時には、ワイヤーブラシを使って、トイレの奥の方まで差し入れて、異物を取り除きましょう。力を入れすぎてしまうと排水管を傷つけることがあるので、注意しましょう。
排水管に問題がある場合や、何度も異物を流していて詰まりがひどい場合には、自分で対処することができないことがあります。そのまま放置してしまうと他の水回りにも影響が出ることがあるので、専門の水道修理業者に依頼するようにするといいでしょう。


総合受付電話