名古屋水道チーム

トイレ水漏れの原因

便器下からの漏れ

トイレ水漏れの原因と対策

トイレと床の隙間からの水漏れは10年経過するあたりから多くなるトラブルです。

原因と対処方法については、まず原因は便器にある可能性はほとんど見られません。床に便器を設置するときには「ガスケット」や「床フランジ」などを使用します。このような部材が経年によって劣化したり変形すると便器と床の密着度合いが悪くなり、排水もれを起こしてしまいます。便器を固定しているボルトが劣化したことで便器がガタつくといった時にも、同じような水漏れ症状が見られる時があります。これらが主な原因です。自分で修理を行おうとすれば、漏れている個所を見つけて修理します。しかし根本的な修理をしないまま便器と床の間を塞ぐようにしてしまうと、漏れは内部に移動してしまいます。悪化の恐れが大きな対処方法です。給水タンクに手洗いができるタイプの便器の場合、稀にその穴がふさがっていることで水漏れのような症状が出ていることがあります。それを確かめてそうでないならば、業者に依頼するのが一番確実でしょう。専門の水道修理業者であれば、便器もその周辺もそれ以上劣化させることなく、修理することができます。どこに依頼するかですが、トイレを設置した業者がわかるならばそこに。不明であればトイレに対応できる水道修理業者に相談します。水周りのトラブルは被害が大きくなる可能性もありますし、集合住宅などの場合には下階に損害を与えることもあります。なるべく早く水道修理業者に連絡を入れ、対応することがオススメです。

トイレの便器下が湿っているなどのお客様からのご相談が少なくありません。「水漏れしているみたい」、「湿っている」などの症状が見受けられた際には、水道メーターを確認し宅内のすべての水道を閉栓していてもパイロット針が回っている場合には、どこかでみうz漏れしている可能性が高く原因調査を水道業者に依頼することをお薄めします。

足立区 豊島区 中野区 目黒区 杉並区 品川区
川口市 野田市 つくば市 春日井市 京都市 守口市 明石市

総合受付電話