名古屋水道チーム

雨水管・排水管の水漏れ

排水管や雨水管のトラブル

排水管や雨水管のトラブル

私は以前水道工事店に勤務しておりました。以下の文章はその中から得た知識によるものです。
まず、原因と水道修理そして対策のお話からすると、雨水管と排水管の修理では難易度が異なります。
雨水管の修理は日曜大工をされるご主人などが居れば比較的簡単に修理出来ます。雨水管の破損の原因と水道修理そして対策は、雨水管に落ち葉等の遺物が詰まった場合、雨水管の固定具が緩んでしまい雨水管がぶら下がった状態になってしまうことが大半です。雨水管そのものも関連部品は大型ホームセンター等にはほぼ置いて有りますので。ご購入の上修理を行って下さい。異物が詰まっている様なら、それを取り除くだけで解決できます。ただ、梯子に登り高所の作業が多くなりますので、女性では困難ですし、男性でも落下や工具を落とさぬ様十分に注意して作業に当って下さい。また、天候の変化、特に下り坂の時は晴天時に行った方が安全です。 次に排水管の途中から水漏れに対する原因と水道修理そして対策に移ります。まず原因としては配管の接合部のパッキンの摩耗、損傷、ナットの緩みによるものが大半を占めます。水漏れ箇所が視認しやすく手が届く位置に有ればナットの締め直しかパッキンの交換で直すことが出来ます。ですが、水漏れしている以上両方共経年劣化が考えられますので、両方の作業を一度に済ませた方が長い目で見て安心で出来ます。万一、水漏れの箇所が視認しにくく手が届かぬ位置に有る様ならば水道修理業者に依頼する方が無難です。排水管周りの部材も前述した様に大型ホームセンター等で入手出来ます。通称「カラス」と呼ばれる大型の自在ペンチを持ちで無ければ合わせてご購入すると良いでしょう。


排水管のトラブルは、目視できない箇所に埋設されているケースがほとんどですが雨水管に限っては、戸建てなどのご家庭では目視できる箇所に設置されていることがおおく観察力があれば原因特定できることが大多数です。しかし、屋根などに設置されていることが多いので自力修理が困難だと思われる際には、専門業者に修理依頼することが望ましいと言えるでしょう。



総合受付電話