名古屋水道チーム

【 水漏れ修理の方法を知る 】

水道チーム

タンクからの水漏れ修理前に原因特定をする

水道トラブルは突然起こりますが、トイレは毎日使うところなので、トラブルがあった場合は歯や目に対応することが大事です。

 

トイレのトラブルでは詰まりなども多いですが、トイレタンクからの水漏れもまた少なくありません。
トイレタンクの水漏れがどこから起きているのかも知っておきたいですが、まず外側のタンクから起きる場合とパイプ、水道栓などの接続部分から起こる場合もあります。さらにタンクの内部の水を止める部分に何らかの故障が起きており、水がうまく止まらなくなっている場合もありますので、こちらもチェックしておきましょう。トイレタンクからの水漏れは様々な種類がありますが、いずれの場合も早めに修理しておくことが大切です。
水漏れの修理の方法を知っておきたいですが、まずは元栓を閉め、どこから水が漏れているかよく確認してみましょう。連結部分から漏れている場合はナットにゆるみがないか確認しておきたいですし、パッキンが劣化していなかも確認しておきたいところです。内部の場合は浮きゴムが外れていないかもチェックしておきたいところです。簡単なトラブルであればナットを閉め直したり、パッキンの交換だけで直ることもあります。パッキンは、ホームセンターで購入することができますがサイズが個々に異なってくるので同一サイズのパッキンを購入して取付てください。そして、そうした部品を交換してもまだ直らない場合はパイプの損傷や亀裂なども確認したいところです。この場合には、不具合を起こしている箇所の部品一式の交換をすることが必要となってきます。

自宅で行える水道修理で改善しない場合は早めに水道業者や専門の修理業者などに連絡をし、原因を確かめ、最適な方法で直していきましょう。


総合受付電話