名古屋水道チーム

【 排水口からの悪臭 】

水道チーム

排水口からの悪臭について

必ず排水口の先には、トラップと呼ばれる水が溜まっている箇所があります。

その溜まっている水(封水)が下水道からの臭気や害虫の侵入を防いでいる役目をしています。
トラップには、排水が常に溜まっているので内部にヌメリが溜まって臭いが発生している箇所が存在します。
キッチンの場合には、お椀をひっくり返した形の「ワントラップ」が排水口に装備されています。
ワントラップは流れが緩くなるため汚れが溜まりやすいので排水口のトラップの部分を外して清掃して下さい。

現在のシステムキッチンは、パイプが曲がった形の「Sトラップ」が採用されているケースが多々あります。
トラップより上流側の排水管や網に生ゴミなどが残っていると悪臭が発生する原因となります。
洗面所には、Sトラップが付いていて分解したり、U字管下部に清掃口があるタイプですとキャップを外して掃除したりパイプ洗浄剤などで洗浄すると改善するケースがあります。
トラップ洗浄で悪臭が改善されるのは、トラップから室内側(上流側)だけです。もっと強い臭いの場合には、その先(下流側)の可能性が極めて高くなります。トラップの封水がなんからの原因で無くなっているか機能していない可能性もあります。簡易的な場合には、トラップが外れている場合やゴミや髪の毛などによって水が無くなってしまっているケースもあります。2重トラップの場合も流れ方によって、封水が破られる場合があるようです。排水口のヌメリなどが原因の場合はいつもの臭いが強くなった感じですが、下水道の臭気があがってきている場合には臭いの感じ方が異なります。

※水道水を15分前後流し続けることによって、悪臭が改善されるケースがありますのでお試しください。


総合受付電話