名古屋水道チーム

【 トイレタンク 】

水道チーム

トイレタンクの修理方法について

トイレのトラブルの中で一番起きると言われている箇所がトイレタンクです。使用後にレバーを元に戻しても直らずにずっとタンクの中から音がしていたり、タンクのどこからか水漏れしていたりするなどの症状があります。ほtんどのケースは、そこまで重大なトラブルへと発展する事はほとんどありませんが、タンクには多くの水が蓄積されているが故にいつまでも流れ続けてしまい、水道料金がとんでもない高額料金になってしまうケースも起こりえます。トイレ修理と聞くと、蛇口修理よりも複雑なイメージを感じますが、すぐに水道修理業者に依頼する方も多いのですが、昨今では、始めにトラブルの状況を見てご自身でトイレ修理が出来てしまう人も少なくありません。そのためにもここでトラブルが起きる原因とトイレ修理の方法をご紹介してみます。

タンクの中にある水が止まらない場合
一度ふたを開けて中を確認してみましょう。タンク中を確認するだけで大体のトラブルの原因が判別できるからです。タンク内の水位を見て水位線よりも上に水があるケースで管に水が流れ込んでいる。その場合には、浮き球(白い玉)を持ち上げて下さい。もしそれで水が止まるならタンク内に水が多すぎる事が原因なので水位調整をしてください。それでも水が止まらない場合は、バルブが摩耗して緩んでいる可能性があるのでボールタップを交換してみましょう。
次に、タンク内の水位が水位線よりも下にあるケースでは、レバーを回して反応を見て下さい。レバーの位置が元に戻るならば栓が外れている事が考えられますので、鎖とフロートバルブの点検をして下さい。もし、レバーが元に戻らないなら、それは単純にレバーハンドルの動きが悪くなっているだけと考えられますのでレバーハンドルを交換しましょう。
重要な事は、トイレタンク修理をする時は、状況を確認した後にまず一番始めに止水栓又は、元栓を必ず閉めて下さい。トイレタンク修理をする時に止水栓が調整されていないと、水漏れの原因となる場合があります。また、止水栓を締めたり水量調節をする事は、トイレタンク修理以外でも言える事です。


総合受付電話
地図