名古屋水道チーム

【 蛇口のトラブル 】

水道チーム

蛇口からの水漏れが起こったら

お風呂、や台所(キッチン)、洗面台、洗濯機の給水蛇口などをひねっていないのに水がポタポタと水漏れしていたりして気になることが使用年数が経つにつて起きてきます。これは台、水道の蛇口を使っていく上で水漏れで一番よくあるケースです。原因は、蛇口のハンドルの内部にあるコマパッキングと呼ばれる部分が劣化してしまったからです。ポタポタ水漏れしていたらコマパッキングを交換してみては如何でしょうか。手順は、下記に記載しておきます。

ハンドルタイプの蛇口の交換手順
最初に\必ず、止水栓か元栓を締めましょう。止水栓は、台所(キッチン)や洗面台がシンク下の棚の奥壁に設置されています。お風呂の場合は、元栓を閉栓するのが一般的です。さて、次に蛇口のハンドル下のナットを左に回して緩めてネジから外しましょう。工具を使用する時にナットが傷ついてしまうので当て布を使うと傷がつきません。ナットが外れたら蛇口のハンドルを左に回していきスピンドルごと外してしまいましょう。(スピンドル:水栓を開閉するコマと呼ばれる部品の操作を行う部分のこと。)。ハンドルを外すと中にコマパッキンが見えます。これをピンセットやラジオペンチなどを使ってつまみ出しましょう。取出せたら次にコマパッキンの交換になります。

1:コマパキンの長い棒をラジオペンチなどでしっかりと固定して、先に付いているナットを外します。
2:続いて古いパッキンを外して新しいパッキンを取付けます。
3:外したナットを締めなおしてスピンドルの下にコマを入れて蛇口にはめ込みます。
4:ハンドル下のナットを再び当て布を使って締めつけて止水栓を開いたら作業完了です。

一般的に家庭用のパッキンのサイズはほとんど共通して使えます。耐久年数は、使用頻度にもよりますが3・4年前後です。また、パッキンの交換が難しい際は、ケレップと言う部材があるますから、これに交換することで簡易的にパッキン交換することができます。


総合受付電話
地図