名古屋水道チーム

【 下水管の悪臭 】

水道チーム

下水管からの悪臭が起こったら

暑くなってくると突然、マンションや家の下水の臭いがし始める時があります。

下水の臭いは排水口がよく関係していて排水口にはゴミや老廃物、水垢や髪の毛などが原因で雑菌が発生する事が原因だと言われています。それ以外の原因として考えられる事は、排水設備上の排水トラップの不具合です。通常、台所のキッチンや風呂の排水トラップは、ドラムの上にに丸いコップを伏せる形状の物をねじ混んで形成されています。しかし、生ゴミや異物が非常に詰まりやすいので、このかぶせを取ってししまう人も中にはいらっしゃいます。そこで封じて下水の臭いが上がらないようにしているのですが、これが破れてしまうと気圧で水管全体の臭いが吹き込んくるのです。これが、下水の悪臭がする理由の一つです。通常は、台所のキッチンや風呂の排水トラップの点検ですぐに分かります。また、下水管を洗浄する事をお勧めします。汚水の下水管が詰まる事で、汚水が溢れてそれに伴い臭い臭いも上がってくるからです。ご自身で洗浄する場合は、まず最初にに貯め枡内を綺麗にします。配管の下に空洞があるので空洞内のゴミを全て取り除きましょう。その時に下流側が詰まることも考えられるのでゴミを下流側に流さないように気をつけてください。水が流れ始めたら後は大丈夫です。その次に下流側からビニールホースを入れて水が勢い良く放出するように散水ノズルをつけて水を最大まで出しながら押し込みます。この時にノズルは必ず紐で縛って下さい。その後、汚水が出始めます。反対側の貯め枡に水が出てくれば水を弱めます。この時に水を止めるとゴミが配管の中で止まってしまうので絶対に止めないで下さい。そして最後に上流側の貯め枡から多量の水を入れるとゴミが流れてくるのでそれを取り除いたら作業完了です。下水の臭いは確かにものすごい悪臭を放ちます。そのためすぐに水道修理業者に依頼する方が多いのですが意外にご自身で解決することもできます。もし、下水管からの悪臭がしたら、一度ご自身で状況を確認してみたら如何でしょうか?


総合受付電話