名古屋水道チーム

【 トイレの歴史 】

水道チーム

日本のトイレの歴史

日本では、何時ごろからトイレが使われ始めたのか正確には判別できていません。
しかし、弥生時代には、下水道と見られる遺跡が発掘されていますので、この時代にはトイレのシステムがあったと予想されてれいます。
この頃のトイレは、川屋と呼ばれるもので現在の厠(かわや)の語源となっっています。飛鳥時代になると中国から「おまる」が日本に伝わり、平安時代には、日本でも製造されるようになり「ひばこ」と呼ばれました。
ただし、「ひばこ」を使用できるのは、身分が高い貴族だけだったようです。ひばこは。当初、部屋の中で使われていましたが悪臭がするので廊下の隅のほうでフタをして使用されるようになっていきました。
更に、鎌倉時代になると床と一体化されたひばこができ、ここがトイレのみの部屋となって個室トイレが出来上がりました。ここで処理方法も「汲み出し式」となっていったみたいです。また、貴族以外の一般の人は、外で用を足していましたが平安時代に肥料として使われ始めて農業が盛んになってくると家の近くに穴を掘って桶を埋め、屋根をつけて目隠しをしました。これが小屋トイレの始まりです。
そして、室町時代になると貴族や武士の家では、トイレの床が和室風に変わりました。大体2畳ほどの広さになって臭い消しで花やお香が使われるようになりました。この時代では、畳はとても高価なものだったので身分が高い人たちは和室風トイレにこだわっていたようです。

そして、現在のトイレのシステムへと移り変わってきています。現在では、節水型のトイレが主流となっています。


総合受付電話
地図