名古屋水道チーム

【 井戸ポンプ 】

水道チーム

井戸ポンプについて

井戸ポンプには、浅井戸と深井戸の2種類があります。

 

深さが8メートル以上のものが深井戸になります。
見分け方としては、本体の製造番号等が記入してある箇所を見るのが一番わかり易いですが、汚れたり消えたりしていて見づらい場合には、単純に3本配管がつないであるタイプが深井戸ポンプ、2本配管がつないであるのが浅井戸ポンプになります。、通常、深井戸の場合は、井戸の水を吸い上げるのにジェットと呼ばれる部品を繋ぐため吸上げ配管の他に、もう1つ配管が必要となり、吐水口の配管と合わせて3本の配管になるためです。

ただし、水中ポンプ等を使用するケースは、これには該当しません。井戸ポンプは完全に停止する前に吸込みが弱くなったり異音がするなどの症状が発生することが多々あります。また、井戸水は、蛇口や配管を劣化させやすいので給水管や蛇口が目で見ても判定できる程、極端に腐食しているケースも多々見受けられます。


総合受付電話