名古屋水道チーム

【 悪臭の原因 】

水道チーム

汚水の悪臭の原因とは

暑くなってくるとご家庭の水回りでは、突然、下水や汚水の悪臭がする時があります。汚水の臭いの原因はいくつかあります。たとえば、お風呂を例に上げてみると、お風呂には、石鹸液や皮脂、ヘアケア用品、抜け毛やふけを含んだ汚水が排水管に流れていきます。動物をお風呂で洗うなら、動物の毛も流れていきます。流れるものの種類や量が多かったり、排水口の掃除をする回数が少ないなどの様々な要因から排水口や排水講は、日常生活でどんどん汚れていきます。お風呂の排水口には、ロドトルラと言われる酵母(オレンジ色のぬめり)、石鹸カス、クロカビ(クラドスポリウム)、抜け毛やホコリがへばり付きます。これらを見ただけでも汚水の悪臭がする理由も何となく想像できるのではないでしょうか?

この流れの通り、風呂の汚水の悪臭を撤退させるためには、汚水の臭いの原因となるこれらを掃除で取り除く必要があります。水道修理業者に排水管の洗浄依頼をしても何も問題はありませんが、ご自身でも簡単に行えるので参考にして一度ご自身で洗浄してみてはかがでしょうか。用意するものは「重奏・石鹸・酢・ブラシ(使い古しの歯ブラシで大丈夫です)・布(拭き取れれば何でも)」ですが、酢の匂いが苦手な方は、無臭のクエン酸でも効果に差は生じません。手順は、排水口の蓋を外して重曹を全体にかけます。この時ゴミ受け網ははめたままです。重度の汚れや蓋の隙間は、重曹の上から石鹸をつけたブラシで擦って下さい。次に、排水口全体に酢をかけて十分ほど放置します。その後再び重曹をふりかけて先程と同様にブラシで擦ります。最後に今までかけた重曹等を残さないようにぬるま湯でよく洗い流します。この方法でほとんどの汚水の悪臭は取り除けます。重曹と石鹸で汚れは嘘のように落ちますが、この時出来るだけ液体石鹸で合成ではないものだと更に効果が得られます。

※ 脂肪酸カリウムと表記されている製品をなるべく選ぶと更に良いです。掃除と言えば重曹と浮かぶ人がほとんどだと思いますがこの重曹だけでほとんどの汚れが落とせるのかと問われるとそうでもありません。弱アルカリ性の重曹と酢の酸性を合わせて中和させる事により更に効果を発揮させるのです。お風呂から少しでも、汚水の悪臭を感じたら面倒くさがらずに一度試してみて下さい。


総合受付電話