名古屋水道チーム

【 水道修理前の応急処置 】

水道チーム

水道修理前の応急処置について

自分でトイレの水漏れ修理を行う場合ですが、トイレ修理とは言っても水道修理業者が到着するまでの工程が応急処置程度だと思います。まず、水道修理が必要なのであれば、お電話を頂くとして、その応急処置の工程なのです。



修理作業の前に大事なこと、それは、止水栓を閉めることが確実に必要になります。止水栓を止めずに修理作業を始めれば、タンクから水が溢れることがあるからです。 トイレ修理は、必ず止水栓を閉めてから行いましょう。では、先程からお伝えしている止水栓はどこにあるのかですが、タンクへの給水管に付いています。タンクから繋がっている管から飛び出しているものが止水栓です。 それをマイナスドライバーかコインで右に回すことで閉めることができ給水を止めることができます。さらに安全策をするのであれば、タンクの中を開けて止水栓の調節(浮き球を上に上げる)をすることで、より安全にトイレ修理を行うことが出来ます。止水栓が調整されていることで給水の勢いが抑えられるため、ボールタップなど、他の部分に不具合があっても水がタンクの外に溢れることはありません。それがもし調整されていなければ、排水管から流れ出る水量よりタンクに供給される量が多くなる場合があり、タンクの外にあふれることがありえます。 水道修理業者にすべて頼り切るのではなく、前段階として止水栓を止めておけば水漏れで不安になることもなく安心することができます。


総合受付電話