名古屋水道チーム

【 水漏れの対処方法 】

水道チーム

水漏れが起きる原因。対処方法について

形あるも身の回りの物は、使用していくと必ず老朽化していきます。
その中でも割りと身近で起きている事は、水道まわりの水漏れではないでしょうか。
築年数が古くなってきたり、引越してきたばかりであっても水漏れは起きる時は、突然、なにげないタイミングで起きるケースが多いと感じます。

水漏れというと皆さんが一番初めに思いつく箇所は、恐らくトイレや台所のキッチン、そして、お風呂の蛇口かもしれません。しかし、これら以外にも意外な箇所で水漏れするケースもあります。給排水管や給湯器、洗濯機でも起こる時には起きるのです。しかし、きっと皆さんが経験した中で一番多いのはトイレの水漏れだと思います。トイレに関しては、様々な箇所から水漏れが起きる事が原因ではないでしょうか。主にトイレタンク、便器とトイレの床から起きると思われます。トイレで起きる水漏れの原因を考えてみると劣化による不具合だそうです。ご家庭で毎日使用するものなので給排水管の接続部分のパッキンが古くなった事でその箇所にヒビが入り水漏れが起きます。また、固定していたネジが緩んで確実に固定していないといなければいけない箇所が外れてそこから水漏れが始まります。時間と共に劣化は進んで、例え僅かな亀裂でもそこから徐々に溢れだしてくるのです。トイレの水漏れでいくつか原因を挙げてみると、圧倒的に多い箇所は、トイレタンクになります。他にはパイプ部分に亀裂や接合トラブル、最近でいえばウォシュレットからの水漏れも多くなってきています。しかし、突然水漏れが起きた時、初めに何をするべきか意外に認識していない方がとても多いように電話受付をしていると感じます。まず、少しでも水が漏れているかもしれないと疑ったら、水道の止水栓(元栓)を回して給水を止めましょう。まずは元から絶たないといつまでもしつこく水漏れが続きます。そして、タンクをチェックしてみてください。始めに外側を調べて滲み出している箇所があれば恐らくそこでしょう。外側ではなく内側から水のちょろちょろした音がしていたら、それは、タンクのパーツが上手くはまっていない事が想定できます。もしもパーツがズレていたら正しい位置にはめ直してみてください。


総合受付電話