ねずみ・アライグマ・ハクビジンの害獣駆除

海南市で害獣の駆除

ねずみ、ハクビシン、アライグマなどの害獣を修理隊が駆除に努めます。「天井裏に動物が侵入して物音がする!」「田畑を荒らされる!」など、害獣による被害でお困りの方の代わりに海南市で駆除解決致します。

ねずみの駆除や害獣の退治・害虫の消毒を承る駆除業者

害獣を放置していると様々な被害が起きます。

ネズミ
ネズミは、繁殖能力が非常に高く年中繁殖をしていて1匹のネズミが1ヶ月で数十匹に増える可能性もあります。個体が小さいので屋内に侵入してきやすく屋根裏などに営巣します。ネズミは、歯が永久に伸び続けるので歯を研ぐために屋根裏や壁内で様々な物をかじります。木の柱以外にも電気配線をかじってショートを起こし火災になるケースもあります。そして、寝静まったころにドタバタ走り回るので精神的に追いつめられて精神的被害になりネズミ過敏症になる方もいます。
アライグマ
アライグマは非常に危険で絶対に近づかないでください。そして、自分で駆除・退治をしないでください。アライグマはとても獰猛で平気で壁などをぶち破る力を持っています。噛みつかれて大怪我!という事例も多発あり。大人になると体重もあり天井が抜けて床に落ちてくることもありますから、アライグマの駆除は急がねばなりません。その体の大きさと糞尿の多さも比例して天井に大きなシミが出てきます。動物臭もそうですが衛生面が特に厄介で菌の発生やノミ・ダニの発生が強烈に屋内で進行していきます。
ハクビジン
ハクビジンは、糞尿を同じ場所にする習性があります。その為、尿によって天井や壁の素材が腐り、糞の重みで天井が抜け落ちることもあります。また、尿は、アンモニア臭が酷く、天井の隙間からすり抜けて強烈な悪臭が屋内に充満することもあります。また、身が大きいので屋根裏に誰かいるのかと思えるくらい大きな物音がすることもあります。
イタチ
イタチは、肉食傾向が強くネズミや虫などを好んで餌とします。その為、屋根裏に潜むネズミや虫を追いかけて屋内に侵入してくる特徴があります。イタチは、個体よりも大きい動物も襲って食べるので家畜やペットが捕食対象になることもあります。しかも、イタチは、身の危険を感じると悪臭を伴うガスを放って外敵を怯ませようする習性もあるので臭いの被害も起きます。

海南市でねずみ駆除や害獣の退治
害獣の二次被害を防ぐ消毒が有効

駆除施工基本料金について

害獣駆除の基本料金
駆除(捕獲)対象の害獣 料金(税別)
ネズミの駆除 8,000円 から
ハクビジンの駆除
アライグマの駆除
タヌキの駆除
イタチの駆除
その他の駆除 応相談

※ 駆除料金は、・駆除方法、建物の構造・駆除する範囲・個体数などで異なります。出張費・見積もりは、無料ですが、天井や床下などに点検口が設置されていない場合に開口作業などが必要な場合には、別途費用がかかります。また、屋根裏などの建物内に侵入した害獣に関する電話無料相談も期間限定で実施sていおります。

海南市の駆除施工
担当エリア地域紹介 橋本市 有田市
岩出市 御坊市 新宮市 田辺市 海南市
和歌山市 紀の川市

アライグマについて
長は40~60cm、体重は3~8kgで中型犬ぐらいの大きさです。10kgを超える個体が見つかることも少なくありません。目の周辺を覆う黒い部分(アイマスク)と縞々の尾が特徴で尾の縞は5~7本でパターンは個体により少しずつ異なっています。体色はグレーやブラウンなどが知られていてタヌキとは違ってヒゲが白いので、よく目立ちます。耳は大きく白く縁取りになっていて前足の指が長くものをつかむことができ足跡は5本の指が別れていて人の手形に似ていて歩く際は踵をつけて歩くのが特徴です。

アライグマは手に触れるものをなんでも捕食します。アライグマは川の中を移動することもできるので、サワガニ、ザリガニ、カエル類、サンショウウオ類、トンボ類、水棲昆虫、カワニナ、タニシなど、川の水棲生物を捕食しています。もちろん、果実、野菜、穀物なども食べる。

アライグマは主に夜間に活動するが昼間も活動しないわけではなく、ねぐら(巣)は神社仏閣や住宅・倉庫等建物の天井裏や野積みされた枝や廃材の下、アナグマが掘った穴などを利用しています。
1個体が複数のねぐらをもっていて転々としながら農作物に被害を与えている。行動域の広さはエサの量によって決まり年間を通じて豊富にある場所であれば狭い範囲で生活する修正があります。移動は河川や用水路、側溝等の水際を使用する。 アライグマは木登りが得意である。もともとの繁殖場所は高い樹木の樹洞などで行われていたこともあり、優れた能力として備わっていると考えられる。アライグマの登る技術は爪と手のように使える前足を巧みに使うもので木はもちろんパイプなど様々なものに対応することができるのです。前足は、物を掴んだり扉を開けることもできるので、あらゆる場所から侵入する可能性があります。
北米原産のアライグマの出産時期は春期に集中し4月がピークとなります。出産場所は、ねぐらをそのまま使用する場合と通常の行動範囲と異なる場所に移動して行う場合があり自然環境下では樹洞等を利用していますが人里。または、市街地では壁の隙間等を利用しています。アライグマは1年1産で産子数は1~6頭である。生まれた子供は秋遅くまで母親と行動を共にして巣立っていきます。


ねずみ・アライグマを海南市で駆除