名古屋水道チーム

【 詰まりの原因と症状 】

水道チーム

風呂や台所の排水詰まりの原因と症状について

主な原因として考えら症状としては、以下の5大原因で起きます。

● ストレーナーやトラップにゴミが詰まっている。
台所や風呂の排水口にあるストレーナー(網)やトラップに野菜クズや髪の毛や石鹸カスなどが詰まったりしますので掃除して取り除いてください。排水トラップが分解できるものは分解して内部掃除します。また、一戸建やマンション1階にお住まいの際は、屋外にある排水枡にも詰まっている場合もありますので点検してみて下さい。

● 排水管が詰まっている。
台所では油汚れや食べ物カス、お風呂では皮脂や髪の毛や石鹸カスなどが詰まりの原因になり、排水管の途中のわずかな段差や隙間、曲り角の流れが悪い場所にひっかかり徐々に大きくなって詰まりを拡大していきます。パイプクリーナーなどの薬品で溶かすと改善するケースがあります。きっかけは色々ですが、このあとの異物や勾配が原因で無い場合、詰まりがなくなれば直ります。しかし、詰りの部分まで薬品が流れて行かないと効果が弱いので完全に詰まってしまったケースでは、改善しない場合もあります。

● 排水口から異物が流れ込んんでしまった。
この状況ではなく人為的な原因になります。異物を流した際、その異物が配管の途中に引っかかり、それをきっかけに油かすや髪の毛がたまり詰まりが起きます。市販されている薬品などを使って詰まりを溶かせば直る場合もありますが、異物が原因の場合では、異物そのものが無くならない限り再発します。根本的な解決策は、異物を取り除くことです。

● 排水管の勾配が逆になっている。
排水管は、適正な勾配で傾いているのですが何らかの原因(地震、地盤沈下、施工不良など)で傾きがずれると、排水の流れは、悪くなり悪臭が発生したり詰まりやすくなる症状が起きます。

● 2重トラップの構造になっている。
2重トラップは施工不良です。下水道(システムバス)工事などによって引き起こされ、排水した時の空気の逃げ場が無くなるため極端に流れが悪くなる症状です。システムキッチンの排水口からの排水の流れが悪い時は、念のため、カウンターの内も点検してみて下さい。排水管と器具を繋ぐ部分(蛇腹ホースなど)から、カウンター内や床とカウンターの間、床下などに排水があふれてしまっているいるケースがあります。

異物が原因の場合は、異物を除去します。勾配が逆勾配なっている場合は、排水管の洗浄をする事である程度は、詰まりを解消する事ができますが排水管を直さない限り根本的な解決にはなりません。


総合受付電話
料金

地図

メーカー