名古屋水道チーム

【 簡易水洗トイレ 】

水道チーム

簡易水洗トイレの修理について

簡易水洗は、主に汲み取り式トイレで使用される便器のことです。



水洗機能を装備しない汲み取り式便器とは異なり便器を洗浄できるだけではなく便器と便槽の間にフラッパー弁等を設け、使用時の汚物の跳ね返りや臭気の逆流、害虫などが上がってくるのを防止する構造となっています。
一回の水の使用量を500mL以下とかなり少ない水量で洗浄することにより便槽が直ぐに満杯にならないような仕組みになっている。

簡易水洗の修理で一番多いのは、フラッパー弁の不具合です。故障箇所にもよりますが一度便器を取り外してから修理することが多く、大掛かりな修理作業になることもあります。次にタンク内部の故障でフロートバルブやボールタップなど頻繁に動作またはタンク内部の貯水に常時浸かっている箇所の故障が多いです。

簡易水洗は取扱いメーカーが比較的多く種類も様々で故障している部品のほとんどが一般に豊富に流通しています。
ただし、部品等は取り寄せになることがかなり多い。取り寄せに時間がかかる場合は部品が届くまでの応急処置としましては、汎用洋式トイレの部品を加工をして取付けるなどの応急処置が必要になり修理代が加算されるケースもあります。
また、部品交換をする時に配管の洗浄を行うことでトイレが詰まる心配が軽減でき安心して使用することができます。簡易水洗の詰まりはほとんどが配管の詰まりになります。その時は、ドレンクリーナーを使用するか長期間使用の汚れ等で詰まりがひどい場合には、高圧洗浄で配管を洗浄すると詰まりが解消します。



総合受付電話