名古屋水道チーム

【 ラバーカップについて 】

水道チーム

ラバーカップの使い方

一般家庭や飲食店やコンビニエンスストアなど詰まりが多い店舗などは、ラバーカップが一本あると便利です。通常のトイレットペーパーの詰まりや汚物の詰まりなどは、これさえあれば取れてしまう場合も比較的多いです。ラバーカップの使い方は、特に難しくはありません。



まず初めに便器の周りに新聞紙やビニールなどを床に敷き、汚れても構わない服装に着替えます。
ラバーカップは、基本的に便器に水が溜まっている状態で使用しますので汚水がハネ飛びます。ハネ飛ばないように弱くやっていては、詰まり抜きできるものも取れません。
簡単に取れればそれに越したことはありませんが、ハネ飛んでも構わないように準備をすることが大切です。
次にある程度の水が必要になるためバケツに水を汲んでおきます。詰まっている箇所に隙間があると水がゆっくりと流れて水が減っていることがあります。水が少な過ぎたり多すぎたりしても、いくら頑張ってもラバーカップを動かしても取るのは大変難しい作業になります。かといってタンクの水を流してしまっては、便器から汚水が溢れ出る危険性があります。ですので、汲んでおいたバケツの水を少しずつつ流し入れてラバーカップのゴムの部分が十分に沈む程度に便器に水を貯めて行きます。最後に動かし方ですが、基本動作は、ラバーカップをゆっくりと排水箇所に押し込んで素早く引き戻します。

原則この動作の繰り返しです。逆の動作を行うと汚物を奥に押しこみ詰まりを悪化させる可能性もあります。もし何度やっても取れない場合は、便やペーパーの詰まり以外に排水管に問題があると想定されます。携帯電話や異物などが詰まっているケースも考えられますのでトイレ修理業者にご相談ください。



出張対応地域一覧(神戸市)
神戸市 北区 須磨区 垂水区 中央区 長田区 灘区
西区 東灘区 兵庫区
全国対応をしております。上記は、ほんの一例として掲載させていただきました。

総合受付電話
料金

地図

メーカー