名古屋水道チーム

【 ディスポーザ 】

水道チーム

ディスポーザとは?

ディスポーザとは、台所流し(システムキッチン含む)の排水口に設置されいる排水機器の一つです。生ゴミをそのまま排水口に入れて水を流しながらスイッチをいれるとディスポーザ内部で生ゴミを細かく破砕されて、そのまま排水される構造になっています。生ゴミは、なんでもOKではなく貝殻や骨、トウモロコシなどの外皮、当然生ゴミ以外の物も破砕できません。生ゴミを一時まとめて地域の収集日に集積場所まで持参する手間が省けるので、非常に便利な機器だと思います。

ディスポーザの問題点
一昔前の分譲マンションなどでディスポーザ標準設置を売りにした広告などを見かけました。
最近、ご存知の方は、見なくなったと思いませんか?ディスポーザは、生ゴミをその場で処理できて非常に便利な機器ですが問題点があります。

ディスポーザ本体に問題があのではなく、破砕された生ゴミの流した先(排水管)で問題が起こるのです。まず、重要な事ですが排水管のサイズの問題が多大です。流し台(システムキッチン)は、一般的に生ゴミを取り除いた排水だけを目的にしてるので排水管サイズが細いです。新築時からディスポーザが設置してあった場合は、当然、排水管のサイズを大きくしているため問題ありませんがそうでない場合、排水管サイズのアップ及び勾配の見直しが必要になります。また、環境の問題もあります。敷地内に浄化槽を設置してある場合、単独処理浄化槽(便所の汚水だけを処理する浄化槽)ですと破砕された生ゴミがそのまま河川などに流されます。生活排水(台所や風呂の排水)を流しているだけでも環境破壊が騒がれているのに生ゴミも流したら環境への影響は相当なものでしょう。合併処理浄化槽(便所の汚水だけでなく生活排水も処理する浄化槽)を設置してある時でも残念ながら問題となります。浄化槽へ流れ込んだ汚水や生活排水を処理をして放流する排水を規制値以下にする役目を負っているのですがディスポーザ排水を完全に処理できません。言い換えれば、ディスポーザの設置を見込んでいません。これは下水道にもいえることで道路へ敷設してある下水管や下水処理場もディスポーザ排水を考慮したものになっていないので宅内の排水管や浄化槽を同じことが言えます。そのため、ディスポーザを取付する時は、下水道事業者の同意がなければ設置できないですしほとんどの地域でディスポーザの使用禁止、使用規制をしている場所がほとんどです。ただし、ディスポーザ対応処理槽を設置してあれば使用できる場合もあります。それ以外にも裁断機の刃物(部品)が粉砕をすることによりボロボロになっていき、使用を重ねていくうちにゴミの裁断が荒くなり、排水管にそれが流れていき排水管が目詰まりを起こします。定期的に交換する部品なのですがコスト的に交換されている方が多くいません。この症状で排水管が詰まった時には、難易度の高い排水トラブルになります。ディズポーザ取付を考えられている方は、よく考えてから購入しましょう。また、既に使用されている方は、消耗部品は定期的に交換しましょう。

愛知県出張対応地域一覧
名古屋市 熱田区 北区 昭和区 千種区 天白区 中川区
中区 中村区 西区 東区 瑞穂区 緑区
港区 南区 名東区 守山区
愛知県 愛西市 あま市 安城市 一宮市 稲沢市 犬山市
岩倉市 大府市 岡崎市 尾張旭市 春日井市 蒲郡市
刈谷市 北名古屋 清須市 江南市 小牧市 新城市
瀬戸市 高浜市 知多市 知立市 津島市 東海市
常滑市 豊明市 豊川市 豊田市 豊橋市 西尾市
日進市 半田市 碧南市 みよし市 弥富市 長久手市


総合受付電話