名古屋水道チーム

【 マンションの水道トラブル 】

水道チーム

マンションで水道トラブル起こったら

都心では、マンション立地もかなり増えてきて郊外にもマンションが増えて行っています。

それに伴い、そこで暮らしをする人も毎年増えています。大抵のマンションでは、台所、キッチン、お風呂、洗面台、洗濯機の排水溝、トイレなどを定期的に高圧洗浄が行われているようですが排水管が古くなったために高圧洗浄を拒否する大家さんも少ないようです。確かに老朽化した管内を高圧洗浄すれば劣化した部分から水漏れする可能性もないとは言い切れません。しかし、高圧洗浄をせずに放っておくと排水管の劣化や腐食の進行は早まると言われています。また、高圧洗浄しないがためにご家庭で台所、キッチン、お風呂、洗濯機の排水溝の詰まりや悪臭が出る事も考えられます。そのマンションお住まいの全員の方が一斉に高圧洗浄を行う事は非常に難しいと思われますがマンション全体に高圧洗浄を行えばもっと効果があります。管が老朽化する事でジョイント部分が劣化して水漏れが発生する事もあり、先程のように突然の漏水を心配される方もいらっしゃると思うので一度漏水調査をしてみてはいかがでしょう。ご自身でも漏水調査を行う事は可能です。漏水調査と聞くと専門的知識が無いと出来ないイメージがあるかもしれませんが確認に関しては簡単に行う事ができます。水漏れの兆候として、「以前の検診時を比較すると使用水量が増加している。メーターから全ての蛇口まで配管してある家の壁や地面が濡れている。壁の内側からシューという音が聞こえてくる。トイレの水がいつも流れ続けている。宅内の水を一切使ってないのに量水計のパイロット針が常に回っている。」があげられます。そこで、もしも実際にそのような兆候が見えたら漏水調査をしてみまてください。漏水調査では、実際に目に見えるケ0スと見えないケースがあります。まず、初めに給水栓(蛇口)を全て閉めましょう。その次に量水計のパイロット針が回っているか確認します。全ての蛇口を閉めているにも関わらずパイロット針が回っている場合は、どこかで水漏れしている可能性が極めて高いです。もし、水漏れしている場合は量水計の手前にある水道の元栓をすぐに閉めて下さい。これはあくまでも応急処置なので水漏れしている場合は、水道修理の依頼をする事をお勧めします。水漏れ箇所を修理せずに放っておくと悪化して大量に水漏れし水道料金が一気に極端に跳ね上がります。早期発見が鍵となりますのでマンションでも一度は漏水調査をする事をお勧めします。


総合受付電話