名古屋水道チーム

【 蛇口の水道修理 】

水道チーム

蛇口の水道修理についてのブログ

ご家庭で水漏れが起きてすぐに水道修理をしないと高額の水道料金の請求書があなたの元に届いてビックリするのではないでしょうか?水道修理というと水道修理業者に水漏れの修理依頼をする場合がほとんどでしたが、少し知識がある方でしたら、ご自身で直される事が多くなってきているよう思います。もちろん水道修理業者に修理依頼した方が確実で簡単かもしれませんが、これから何度も水道修理が必要だと想定出来るので一度業者に依頼せずに蛇口の水漏れでしたら水道修理に挑戦してみても良いかもしれませんね。
芦屋市 尼崎市 西脇市 姫路市 三木市
さて、大まかな蛇口の水道修理方法を簡単に説明します。水道修理で恐らく一番多いと思われる箇所は、台所のキッチン、お風呂、洗面台、洗濯機の蛇口などでしょう。蛇口からの少量の水漏れの原因のほとんどはパッキンの劣化です。パッキンは、パイプ等の継目にはさみ水漏れを防いだり組立で整正させる役割をしています。この部分のパッキンが劣化すれば必然的に水漏れが始まります。まず、この蛇口の修理を始める時は、必ず止水栓(元栓)を閉めましょう。止水栓は、蛇口付近にあります。台所や洗面所の場合には、棚の奥壁に付いているのが通常ですが、止水栓がなかったりどこにあるか分からない場合には元栓を閉めて下さい。ハンドル式の蛇口の水漏れ修理の場合は、パッキン(ケレップ)を交換するだけで簡単に直ると言われています。ハンドルを閉めた後でも吐水口から水漏れる場合が蛇口の水漏れで一番多く起きると言われています。恐らくケレップが傷んでいるのでケレップを交換してみましょう。手順は、カバーナットを外して左回りにハンドルを緩めて上部を外し、次にケレップをピンセットなどで直接触れずにつまみ出して交換して下さい。後は、先程と逆の順に上部を取付けて下さい。この時にカバーナットを固く締めてしまうとハンドルも一緒になって固くなってしまいうので注意が必要です。
岸和田市 四条畷市 吹田市 摂津市
※ パッキンには、二種類のサイズがあります。水栓サイズ13と20があります。主に一般家庭で使用されているのはサイズ13(1/2)です。交換後は、止水栓を開栓して水漏れが起きていないかを確認が必要です。
大津市 近江八幡 立川市 多摩市 調布市 西東京市

電話修理相談をして感じることは、1ハンドルタイプと2ハンドルタイプの混合水栓の区別がついてない方が多く見受けられます。2ハンドルタイプの混合水栓は、パッキン(ケレップ)と言われる部分の摩耗で水漏れを起こしているということは多くの方が知っていることだと思われるのですが1ハンドルタイプの混合水栓もパッキンが悪くなってると思われていることです。1ハンドルタイプの混合水栓の場合は、パッキンではなくカートの1という部品が蛇口の内部に装備されていてパッキンの代わりの役目をしております。この場合パッキンではないので修理費用もパッキンと比較したらかなり高くなってきます。また、10年以上の混合水栓の場合は金属疲労がしている可能性もありますので取り外しの際には気をつけて外さないと金属にヒビが入ってしまってその部分から水漏れがしてくる可能性も少なくありません。
越谷市 坂戸市 幸手市 狭山市

柏市 千代田区 豊島区
総合受付電話